FC2ブログ

若妻「玲奈」の露出調教 指令-5   「ノーパン、ノースカートでコートを着て町に出る」

今日も検診、今帰ってきました。
とても順調なようです。
けっこうお腹も目立つようになってきちゃいました^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

管理人のローリーです

よく頑張ったね。れいなの緊張感とドキドキが伝わってきたよ。
結局最後は見られてしまったのかな?
見られた時の反応も報告してくれると良かったけど上出来だと思う。
益々露出っ娘に成長していくれいなが楽しみだ。

では次の指令を与えよう。

ノーパン、ノースカートでコートを着て町に出る!

つまり下半身は裸ということだ。

コートはミニスカートがギリギリかくれる丈にしよう。

他人から見れば、普通に見えるでしょう。生足がいいね。

コンビニで立ち読みするのよし、電車やバスで出かけるのもいいね。

後はれいなの度胸とアイデアに任せる。

では期待して報告を待っている。



春物の薄手のコートを着て家を出ます。

コートの下はブラに白いブラウス、もちろん下は何も付けていません。

初夏の日差しもあってコートを着ているとちょっと汗ばむ陽気です。

ウエストはベルトで軽く縛り、コートの上のボタンは外して

胸元は見えるように開けてあります。

駅までの間、すれ違う人は誰も下半身裸とは気がつかない。

駅前のコンビニに入ります。

週刊誌の前に経ち、一冊手に取り何気なく本を広げます。

そこには裸のグラビアが目に飛び込んできます。

間違って男性誌を取ってしまったようです。

本棚の向こうは外、駅に向かって歩く人、

駅から降りてくる人はちらほらとそんなに人通りは多くありません。

ヌード写真にドキドキしたのがさらに私の心に小さな火を点しました。

外からは本棚が邪魔になって下半身は見えません。

そこで店内を見渡しながらコートのベルトの結び目を解きます。

下に残っているボタンを少し緊張の為か震える指で外していきます。

前が自然と開いていきます。

レジの店員と目が合いましたが

暑いのでコートの前を開けたとしか映らなかったようです。

後ろから矢横からでは下半身露出していることはわからないでしょう。

本を手に取り、しばらくこの格好で立ち読みをすることにしました。

そのときガラスの向こうでこっちを見て挨拶する人がいます。

そしてコンビニに入って来る様子です。

ボタンを掛ける暇もないので前を合わせるようにして手で押さえます。

同じマンションに住む知った顔の噂好きの奥さんだった。

「あら、お買い物?旦那さんに買っていく本かしら」

手に持っている男性誌を見て笑みを浮かべて言いました。

きっと何か噂にされる、嫌だなと思っていると

本棚の近くのトイレから人が出てきた。

本を見ながらトイレの順番を待っていたように振る舞い

コートの前を押さえながら本を返して

「トイレを待っていたので失礼します」とトイレに駆け込んだ。

多分露出はばれてないと思いながら本当に用を足し身支度を整え、

そっと覗きながらトイレのドアを開けると彼女はいなかった。

ホッと安堵してトイレを出た。

コンビニを出て駅に入る。

次は指令の通り電車に乗ろうと思った。

後ろに人がいないことを確かめホームへの階段を上る。

短めのコートに後ろにスリットが入っているので

下から見上げたらきっとお尻が丸見えになりそうだった。

何処へ行く当てもなく来た電車に乗ってしまった。

平日の昼間、通勤通学の時間帯から外れているので

乗っている人は少なめだった。

それなのにわたしは入ってきた反対側のドアのところに立った。

終点のターミナル駅までこちら側は開かないのを知っている。

れいなは小さく一度身震いをした。

コートの下は何も着ていなかった。

ブラとブラウスはコンビニのトイレで脱いで

ショルダーバックの中に入っていた。

それだけでも心臓はドキドキしている。

コートの上から両腕で自らの身体を抱きしめるようにしながら視線を巡らせた。

わたしを見ている人は誰もいない。

ベルトを外すと震える指でコートのボタンに手を伸ばした。

全部で五つしかないボタンを外すのはあっという間だった。

「はぁ・・・・」

吐息とともに、白いコートの狭間からさらに白い素肌が現れた。

小さな胸の膨らみ、そのトップに揺れているピンクに染まった乳首。

ちょっとぽっちゃり仕懸かったウエスト、

お腹に小さな縦長のくぼみのようなおへそ、

少し盛り上がった恥丘に慎ましく生えそろった黒毛

ドアのガラスの向こうからは全裸でコートの前を開いている。

れいなの姿はすべて見られているのだろうか。

時たま揺れる車内とガタンガタンとレールの音が

今、昼さなかの電車の中にいるのだということが自覚される。

誰かに見られているのか、誰か気がつきた人はいるのか。

れいなの身体には禁断の昂りが満ち溢れていた。

外の景色は電柱、マンションなどが流れるように過ぎていった。

電車がスピードを落とした、駅が近づいているのだ。

ホームに入った電車は大きく揺れて止まった。

「プシュー」と音を立てて反対側のドアが開く。

誰も乗って来ないことにホッとしたが

ドキドキ感はさらに増していた。

暑くもない車内なのに肌はピンクに染まっている。

後ろから見ても桃の内側に垂れるだらりとした液体がわかるほど

下まで足れてきていた。

ドアが閉まり、電車が動き始めた時、

反対側のホームにいた男性と目が合った。

見られた!

びっくりしたような目がホームに取り残されていく、

電車はスピードを上げ駅を離れた。
スポンサーサイト
[PR]

若妻「玲奈」の露出調教 指令-4      「試着室で全裸になる」

午前中、検診だったので
午後になってしまいました

だんだん過激になっていく指令ですが
最初の方の小さな露出は書いていませんでした

でも、初心のドキドキ感を思い出す為に
書くことにしました
つまらなかったらごめんね


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

管理人のローリーです

達成おめでとう、よく頑張った

成長していく玲奈に嬉しく思うし、そして楽しみでもある

では次の指令を与えよう

試着室で全裸になる!」

お店は任せます、カーテンを閉めたままでもいいし

思い切って開けるもよし。

達成した報告を期待しています。

では、頑張ってチャレンジして見よう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

玲奈が選んだお店はユニクロ

でも近所にある店でなく

少し離れたところにあるショッピングセンターにある店にしたのは

もし、知っている人に見られたらとの思いもあったからでした


薄いカーテンの抜こう側は沢山の人がいる店内

通常の試着ではないことに胸が高鳴る

私はこの好きな人の前にいるようなドキドキ感をもっと感じたくて

薄手のカーディガンを脱ぎ、スカートを床に落とす

ブラウスのボタンを一つ一つ外していく

「手が震える、私、凄く興奮している」

区切られた空間とはいえここはユニクロの店内

多くの試着客がカーテンの向こうを行き来している

そんなところで私は裸になろうとしている

恥ずかしい、でも気持ちいい

ブラウスを脱ぎ終わるとあとは上下の下着だけ

いつもならここで試着する服を着る

でも今日は違う

カーテンを少し開けて外を確認した

今は誰もいない

ブラのフォックに手をかけて外す

見られてないとわかっていても

胸を隠すようにしてブラを外した

後はシューツだけ

ウエストのゴムに手をかけると下ろしていく

湿った股間にクロッチ部分がくっつき

裏返しになってはなれていく

「あっ!もう濡れている」

少し染みになったショーツをたたんだ

試着室の前をひとが通るたびカーテンが揺れる

「あ、あぁ・・・私、裸になってる」

心臓の音が外に聞こえる位ドキドキしている

胸が痛くなる位、興奮している

もっとこの気持ちを味わいたい

きっとこのカーテンを開けたらどうなるのだろう

「だめ、だめよ、そんなことしちゃ!」

「ちょっとだけなら誰にもわからないから開けてみようよ」

結局、悪魔のささやきに負けて

カーテンを5センチくらい開けた

店内に人が行き交う様子が見える

でもいくつも並んでいる試着室の一つに

全裸になっている私に気づく人はいない

いくつかの服を手に試着室へ向かってくる男の人が目に入った

カーテンを閉めようとした手が止まる

閉めないでこのままでいよう

「お願い、気がつかないで」

「お願い、気がついて私の裸を見て」

男の人は一瞬こちらを向いたように感じたが

そのまま、前を通り過ぎて少し離れたところで

カーテンを閉める音が聞こえた

「はぁ、はぁ、はぁ・・・」

知らないうちに呼吸を止めていたせいか、身体は空気を求めていた

そして朱壷からは愛液が溢れているのを感じた

見られるかもしれないと思うだけでこんなに感じてしまう私

本当は見られることを望んでいたのかもしれない

私の震えるて手は無意識に後10センチ程カーテンを開いていた

露出調教 番外編-ホームレス-5

昨日今日ととても暖かく
五分咲きだった桜も満開になりそうです
明日は子供の入園式
満開の桜の下で行われそうです
雨降らなければいいなぁ〜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

林の中でガサガサと身動きする音と

「ごくっ!」彼らの息をのむ音が聞こえてくる

玲奈はそっと目を閉じる

そして手はショーツの上からクレヴァスをなぞっていく

目を閉じていても視線が何処を向いているかは判った

息が苦しい、呼吸が止まりそうになる

沢山の目が見ている

沢山の人に見られている

視線が熱い

そっと腰を浮かせると

ショーツの縁に指をかけ下へとずらしていく

お尻から太腿そして膝頭まで少しづつ・・・・

玲奈の手は震えていた

腰を下ろすと

お尻にテーブルのひやっとした感触

秘部が外気に触れて敏感に空気の流れを感じている

膝からふくらはぎ、そしてくるぶしと

完全に体から離れていった

股間を盛り上げる恥丘をウエーブが掛かった陰毛

その下にくっきりと刻み込まれた一本のクレヴァス

そのすべてをいくつもの目にさらしている

目・目・目・目・・・・・

「あぁ……」

膝をゆっくりと広げていく

その動きが止まった時には

両膝は大きく開かれMの文字を描いていた

クレヴァスが口を開きかけ

赤みがかったピンクの内側を覗かせている

玲奈の体の内側から熱く火照り

まるで溶岩のように蜜が滲み出して来るのを感じた

「あぁぁ……」

は、恥ずかしい、こんなに濡れている

恥ずかしい、たくさんの目に見られている

見られているだけなのに

見られて気持ちよくなっている

恥ずかしい 見ないで お願い・・・

全身に押さえられない高ぶりと興奮が満ち

腰が浮き両膝がさらに極限まで開き

恥ずかしい場所をすべて見せていた

恥ずかしい、見ないで……見ない…み・み・見てもっと見て

高まる興奮は玲奈の制御出来る範囲を超えていた

全身が震える

「あぁ………だめっ………」

その時、一人のホームレスが玲奈の前に立ち

「この辺で解放してあげていいのでは?」

「もう、このくらいでみんなもいいよな!」

優しく問いかけるようだが強い響きが感じられた

「新入りが出しゃばるな!」

「まてまて、社長の言う通り、そろそろお開きとしようや
もう暗くなってきたしな」

「奥さん、いい物見せてもらったぜ
ありがとな!もう帰っていいぜ!」

リーダー格のホームレスが言った

玲奈は腰を上げ身支度を整えると

よろつきながらも急ぎ足で公園を出た

その日の夜

パトカーのサイレンが近くで止まった

ベランダに出てみると

公園の前に何台も赤いライトが輝いている

警察官がゾロゾロと公園に入っていった
プロフィール

藍色

Author:藍色
初めまして 藍色です
紫様のブログで奈々さんに影響受けて
露出に目覚めた若妻れいなのちょっとエッチな日記を書いていきます
どこまでが本当でどこから妄想なのかは
読んでくださる皆様にお任せします

下手な文章ですいませんが誤字脱字は許してください

れいなにさせたいことがあったらコメントしてくださいね
過激なことは出来ませんが・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧

ひみつのはなし

やっぱり複が好き ~ 嫁と旦那と他人棒 ~

オリジナル官能小説・紫のエッチなメモ帳
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR