FC2ブログ

「れいなの露出日記」30   コーヒーショップ

不安定な天気が続いていますね。
さっきまで晴れていて洗濯物を干したばっかりなのに
雷が鳴って突然の土砂降り。
慌てて取り込みました。
布団干さなくてよかったぁ。
暑かったり、寒かったり
身体壊さないように気をつけなくては・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


月に二、三回電車に乗って近くのターミナル駅で降り

デパートや駅ビルなどで買い物をするのが

わたしの息抜きでもあり、楽しみだった。

駅のコンコースにあるコーヒーショップで

のんびりとおいしいコーヒーを飲むひと時が幸せを感じるの時間だった。

この前来た時とは様相が変わっていた。

コンコースに面したガラス張りに隣接した席がカウンター席になっていた。

前は四人がけのテーブル席が並んでいたと記憶していた。

木のカウンターに背の高いそして背のところには小さな背もたれが付いた丸い椅子、

おしゃれなバーのように思うカウンターだった。

足下には足を乗せるスチール製のパイプがついている。

腰掛けるとベルベット地のクッションが程よく聞いて座り心地は良かった。

前は全面ガラス張りで、その向こうには大勢の人が歩いている。

意識しなければ風景の一部と思える流れであった。

一人で四人がけの席に座るのは遠慮があったけど

これなら気軽に過ごせると嬉しくなった。

込み合ってきた時などは四人がけの席に一人では肩身が狭い思いがしたこともあったのだ。

席につくと本日のコーヒー、そしてチーズケーキを注文した。

のんびりとコーヒーを飲みながら文庫本を読み始める。

本が好きな私は夢中になって読み始めると

周りが見えなくなる程集中してしまう癖がある。

電車の中で読んでいて降りる駅を過ぎてしまうこともたびたびあった。

ふと、本を置きさめてしまったコーヒカップを持ち上げたとき視線を感じた。

誰かに見られている、誰?どこ?

店内にはそれらしい人はいなかった。

外にいる人の顔がこちらを向いている人を見つけた。

さりげなく立ち止まりスマホを見ているようなふりで

ちらちらとこちらに視線を送っている。

でも、目が合うことはなかった。

カウンターの上のわたしではなく

カウンターの下の下半身に視線を落としている。

カウンターの下はタイトなピンクのミニスカート

本に熱中するあまり、すこし膝が開いていた。

きっと二本の白い足の奥にある白い三角地帯がまる見えだったのだろう。

わたしは自然に露出できる場所を見つけた喜びで

つい、微笑みを浮かべていた。

膝を閉じることなく、また本を読み始めた。

スカートの奥に視線を感じながら・・・・・。
スポンサーサイト
[PR]

「れいなの露出日記」29 電車

更新遅くなってごめんなさい
旦那さんのゴールデンウィーク9連休で
書く時間とネットする時間が取れなかったので・・・・

書けるまで放置しているのもいけないので
前に書いてお蔵入りになったものを修正ました
最初の頃なのでたいした露出ではありませんが読んでくださいね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昼下がりの微妙な時間

車内には乗客がそれほど多くはなかった

近くに高等学校があるせいか

駅で数人の男子高校生が乗り込んできた

私が座っている反対側の席に腰を下ろした

スマホを見ていたわたしはスマホをバッグにしまい

しばらくして疲れたふりで目を閉じた

バッグをお腹の方に引き寄せると

短かったスカートがさらに引き寄せられる

そのままバッグを抱えて眠りについた

その前からわたしを、いや、三角地帯から見える

白いショーツに目が注がれていたのを感じていた

相手が寝ているとわかると、行動が大胆になる

彼らの視線がさらに熱がこもったのを感じた

「おい、見ろよ!」

「さっきから見てるよ、もう!」

聞こえてきたささやきに、わたしも反応しそうになる

わたしは寝た振りをして、少し膝を緩めた

「お!ラッキー!」

「俺のところからは微妙に見えねえ!」

わたしの斜め前に座っている高校生らしい

「もうちょっと開かないかな」

「ちょっと席交われよ」

男子高校生達はわたしの正面に移動してきたらしい

このままもう少し膝を開いてみようかな

電車が揺れるたびにそれに合わせて少しづつ開いていった

わたしが起きていると知ったらどんな顔をするのかな?

そんな思いがドキドキ感とわくわく感

暑いほどの視線が刺激となって

ショーツに少しシミが出来たようだった

シミ、ばれちゃうかな?

わたしのスカートはショーツを隠す仕事を放棄している

「おおぉ〜」

「丸見えじゃん!」

「カシャ!カシャ!」

写真を撮る音が聞こえる

その音にさらに興奮を覚えた

顔が写らないようにバッグをさらに抱え込むように頭を下げた

次の駅に着くまで、わたしは視姦され続けた

見られていると強く感じて下腹部が暑く熱を帯びていた

駅に停車したときハッと気がついたように目を開け

何も気がついていないふりでドアに向かった

わたしは電車を降りると急いで駅のトイレに入った

プロフィール

藍色

Author:藍色
初めまして 藍色です
紫様のブログで奈々さんに影響受けて
露出に目覚めた若妻れいなのちょっとエッチな日記を書いていきます
どこまでが本当でどこから妄想なのかは
読んでくださる皆様にお任せします

下手な文章ですいませんが誤字脱字は許してください

れいなにさせたいことがあったらコメントしてくださいね
過激なことは出来ませんが・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧

ひみつのはなし

やっぱり複が好き ~ 嫁と旦那と他人棒 ~

オリジナル官能小説・紫のエッチなメモ帳
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR