FC2ブログ

お正月休み

更新が遅くなってすいません。
花粉症がひどいので頭の中までも霞がかかっているようです。
ぜんぜん書けなくって・・・・・・
なんとか書き上げたけどちょっとおかしなところは
目をつむって勘弁してくださいね。

今日は暑いくらいですね。
もう少しで真夏日になりそうで桜が咲き始めたと思ったら
いきなり満開になりました。
先週の水曜日は雪だったのに・・・。
一週間で20度も違うなんて。
そして花粉が凄いです。
黒の愛車の屋根は火山灰が降ったように花粉で真っ白いや黄色くなってます。
だから目のかゆみ、鼻水、くしゃみが凄くて毎日が大変。
早く花粉の季節が終わらないかなぁ。


だいぶ前の話しになってしまいましたが・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12月28日から始まった主人のお休みも明日の成人式の祝日でやっと終わる。

子供たちだけでも大変なのに大きな子供が後一人増えたようで

毎日がよりたいへんでイライラと疲れがピークになっている

こんな時はよけい露出したくなる。

「こんばん何食べたい?」

子供に主人に、どちらにとも受け取れるように話す。

「何でもいいよ」と主人、それが一番困る答えだ。

「ぼくカレー」よっぽど好きなのか聞くと必ず同じ答え。

何にするとも言わず

「じゃあ、買い物行ってくるね。」と玄関を出た。

絵里さんが引っ越してからずっと空きになっている隣の玄関の前で

思い出したことがあった。

このマンションは一軒おきに玄関の扉脇に消化器が置いてある。

ちょっと持ち上げてみた。

やっぱりまだあった!

絵里さんが合鍵をここの置いていたのを知っていたけど

まだあるとは思ってもみなかった。

どうせ次の人が入る時に鍵を換えるのだからいらないものなのかもしれない。

鍵を拾い、誰もいないかを確かめながらドアを開けて入った。

誰もいない部屋はどんよりとくすんだ空気で満たされていた。

カーテンもない部屋に差し込む日差しによって室内は思ったより温かい。

「絵里さん、今頃何してるのかなぁ」

日差しが差し込む畳に寝転び、天井に向かって呟いた。

誰もいない部屋に一人だけの開放感に満たされている自分がいる。

「裸で寝たら気持ちイイかも」

気がついたらもうダウンジャケットを脱ぎ始めていた。

「あ!鍵閉めなきゃ!」

玄関に向かい内鍵を「カチャ!」と回して閉める。

ダウンの下のハイネックのセーターも脱ぐ。

そしてスカートも下ろした。

着ているのは下着とソックス。

背中に手を回し、一瞬考えたけど思い切ってブラを外した。

ショーツの縁に手をかけ片足づつ脱いだ。

靴下だけの裸がよけいいやらしいと思う。

誰もいない部屋で大胆にその格好で日の当たっている畳に寝転ぶ

思いっきり両手両足を広げてみる。

日差しが大事なところの隅々まで照らす。

まるで太陽に犯されているみたいに・・・・。

「きもちいい・・・」

一瞬まどろみかけたとき、玄関の扉の向こうで人の声がした。

「カチャカチャ!」と鍵を開ける音が聞こえる。

誰か入ってくる、私は急いで脱いである服を抱えて

押し入れに隠れるように滑り込み、開いていた扉を閉めた。

間一髪だった。

入って来たのはその話しの内容から不動産屋さんと

物件を下見に来た借り主の男性らしい。

玄関からリビングキッチンを通り和室までやって来た。

「なんだこれ?女物のパンツかな?」

借り主らしい人の声。

いけない!ショーツを落としたらしい。

畳の上に落ちていたショーツを拾い上げたようだった。

「誰も入るはずがないのだけど、どうしてだろう?
前の人の忘れ物かな?」

不動産屋さんの声が聞こえた。

そして借り主らしい人の声に聞き覚えがあったけど

すぐには思い浮かばなかった。

それからしばらくベランダやお風呂場などを見ているようだった。

こんな姿でいるのを見られたら・・・もうこのマンションにいられない

いつ押し入れを開けられるのではないかと

裸の私は胸のドキドキが早鐘のようになり、

抱えた両膝の小刻みに震えが止まらなかった。

近くにいたらきっと気づかれていたかもしれない。

でも聞こえて来たのは隣のリビングからだった。

「どうですこの部屋は?」

「うん、今までみた中では一番いいかも。ここに決めようかな」

「じゃあ、事務所に戻って契約しますか」

話し声が徐々に遠のいていき、玄関の扉が閉まる音がした。

ホッ!として押し入れから出て服を着たけど

持っていかれてしまったのかショーツが無くなっていた。
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

藍色

Author:藍色
初めまして 藍色です
紫様のブログで奈々さんに影響受けて
露出に目覚めた若妻れいなのちょっとエッチな日記を書いていきます
どこまでが本当でどこから妄想なのかは
読んでくださる皆様にお任せします

下手な文章ですいませんが誤字脱字は許してください

れいなにさせたいことがあったらコメントしてくださいね
過激なことは出来ませんが・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧

ひみつのはなし

やっぱり複が好き ~ 嫁と旦那と他人棒 ~

オリジナル官能小説・紫のエッチなメモ帳
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR