FC2ブログ

「れいなの妄想日記」-4 AVデビュー?

パパさんがお休みのためちょっと間が空きましたが
床屋さんに出かけたのでその隙に更新しちゃいます
昨日はDランドに出かける予定が台風のため延期になりました
残念!です。今月中には行きたいなぁ

今回は完全な妄想ですよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


絵里さんに亀甲縛りの実験台にされて2日後のことです。

絵里さんから電話がかかってきました。

この間のピザ屋さんと私の動画を

会社の企画会議にかけたとのことでした。

「社長が気に入って制作しようとの運びになって・・・

ちょっと待ってね、社長と変わるから」

中年の男の人の声に変わって

「もしもし、D企画の社長の小森だがね、

絵里さんが企画会議で見せた動画だけど、とってもいいよ。

君かわいいし、才能あるね〜。ぜひこの企画でデビューしないか」

何の話しかさっぱり要領をつかめません。

「今度一度あって話しをしたいのだけど時間を作ってくれないかな

詳しいことは企画の絵里君から聞いてくれるかな。よろしく頼む」

電話がまた絵里さんに変わって

「詳しいことは帰ってから話しするね」

電話が切られました。


その日の夕方絵里さんがやってきました。

いつものようにさくらちゃんをこうちゃんの部屋で遊ばせると

真剣な表情で話し始めます。

絵里さんの勤めるD企画とは総勢10人の弱小のAV制作会社で

旦那さんはカメラマン、絵里さんは企画とスタイリスト担当、

そして女優もかねているそうです。

ここのところヒット作がなく、会社もいつまで持つか判らない状態とのことで

ヒット作を出したいと社員全員に企画を出させたとのことでした。

絵里さんの出したこの企画動画を見て社長が乗り気で

女優さんもこの娘を口説けないかと言われたそうです。

絵里さんが交渉を任されたとのことでした。

「駄目でもいいから、一回社長に会ってくれないかしら」

頭を下げる絵里さんに

断りきれず

「じゃあ 合うだけなら・・・本当に合うだけダウよ」
「うん、それでいい 私も面目が立つから」

じゃあ 早速明日朝に迎えにくるね。

これから社長に連絡しなくちゃ」と

約束するとホッとした様子で帰っていきました。


次の日の朝 絵里さんがいつも預けている保育所に

さくらちゃんとこうちゃんを預けて迎えにきた車に乗りました。

会社のでしょうか?黒色の大きなワンボックスです。

運転は旦那さんがしていました。

1時間位走ったでしょうか

付いたところは大きな団地です。

「え!会社に行くのじゃないの?」

今日はこの団地の一部屋を借りてそこに社長さんがいるとのことでした。

エレベータで8階まで上がります。

部屋に入ると多くの人がいます。

何か忙しく動き回っています。

早速社長さんに引き合わされます。

社長さんはいきなりわたしの手を握りしめて

「なかなかかわいい若妻さんだ ありがとう きっと大ヒットするよ」

何がなんだかわからないままスタッフに連れられて化粧部屋に・・・

「絵里さん、早速着替えさせて」とスタッフが

「絵里さん どうなってるの?社長さんと会うだけじゃないの!」

「社長がどうしてもお願いしろ」って聞かないから

リハーサルのまねだけしてくれないかしら」

といいながら服を脱がせていきます。

あっと結う間に脱がされ、また赤いロープで亀甲縛りにさせられます。

ちょっと派手なメイクを施されたわたしを

こないだと同じように椅子に縛り付けられ

目隠しをされて玄関に置かれます。

「本番行ってみよう!」とのかけ声で

「え!本番って?」

玄関のチャイムが鳴ります。

ちょっと間が開いてドアが少しづつ開かれていくきしみ音が響きます。

「注文のピザですが誰もいませんか?」

声をかけながらドアが大きく開かれた音がしました。

「奥さん、そんな格好でどうしたんですか?」

玄関を上がって近づいてきます。

「いやっ来ないで」

逃げようとしても逃げられない格好です。

「代金は体でお願いしますってか」

「じゃあ遠慮なく」

おっぱいが触られ、乳首を吸われ

開かれた両足の間に顔を埋めてクリトリスを舐められます。

「あっぁっあ〜いやっ、やめてぇ」

誰かわからない人に触られています。

「こんなに濡れちゃって入れてほしいのかな?」

ピザ屋さんのベルトを外しズボンをおろす音がします。

頭を抑えられ、口に大きなものを加えさせられます。

「ほら、しっかり舐めて口を動かして」

「痛い!歯を立てるんじゃない!」と叩かれます。

泣きながら懸命に口でサービスします。

「じゅぼじゅぼっ」唾液が溢れ音を立てます。

顎の感覚が無くなってきます。

永遠の時間を感じているとやっと口から抜かれます。

いきなり腰をつかまれ、椅子の前の方に出されて

縄が食い込んでいく痛さが加わります。

おっぱいが絞られて乳首が堅く敏感さをましていきます。

花弁の入り口に堅いものを当てられます。

「いやっ やめて 助けて お お願い・・・」

でも、すっかり濡れていた女陰はすんなり受け入れ

肉壁が大きく開かれていく・・・

大勢のスタッフが見つめる中、犯されているわたしがいます。

何度も何度も出し入れされている、その度に感じていくわたし。

「み・見ないで・・・や、やめて・・・やめ・・・や・やめないで・・・」

これがもっとたくさんの人に見られるのかも知れないと思うと

全身に電流が走ったようにしびれが来ます。

「うっ うっっ あ・あっ・ああぁ〜」

のけぞるように逝ったとき、引き抜かれたペニスから

生暖かい大量の精液が体中に掛かります。

「OKカット」と声がかかり

「体を拭いてやって、次は寿司屋いこうか」


「すいません。小道具のすしがまだ届かないのでそば屋でいいですか?

「じゃあ そば屋を先にやってしまうか」

「そば屋の男優さん 用意して」
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

コアラ様

お返事遅くなりました。
ありがとうございます。
ほんとに毎日雨ばっかり、
わたしも昨日行くはずのお墓参りも明日に延期しました。

ごめんね、つづきはないかも知れません。

Re: これは、「玄関開けたら・・・」

ばんぶう様

いつもありがとうございます。
「玄関開けたらさとうのご飯」なら知ってますが・・・

図書館、本日載せました。
たいしたことは出来ませんでしたが・・・・

Re: No title

紫様

おはようございます。

「妄想」やばいです。

現実にならないようにしなくてはと思っています。

はやくDランド行きたいのですが・・・・わたしも楽しみなんです。
プロフィール

藍色

Author:藍色
初めまして 藍色です
紫様のブログで奈々さんに影響受けて
露出に目覚めた若妻れいなのちょっとエッチな日記を書いていきます
どこまでが本当でどこから妄想なのかは
読んでくださる皆様にお任せします

下手な文章ですいませんが誤字脱字は許してください

れいなにさせたいことがあったらコメントしてくださいね
過激なことは出来ませんが・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧

ひみつのはなし

やっぱり複が好き ~ 嫁と旦那と他人棒 ~

オリジナル官能小説・紫のエッチなメモ帳
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR