FC2ブログ

若妻「玲奈」の露出調教 指令-3 後編   「公園のベンチでオナニーをする」

三月になり春らしい陽気になりましたね
そして今日はひな祭り
こちらでは梅の花が満開です
でも、花粉が……
これがなければ本当にいい季節なのですが

では、先週の続きを


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「う、うっ…ふぅ…あん」

思わず吐息が漏れる

慌てて周囲を見渡すが誰もいないことにホッとする

相変わらず木々を揺らす風の音

「キキィ…キィキィ」「ピ、ピ、ピィピィ」とさえずる鳥たちの声

玲奈は右手の中指で股間の小さな突起を触りながら

左手で右の胸の膨らみを触る

薄いサマーセーターとブラ越しでも

乳首が勃起しているのがはっきりと判った

更なる快感を求め、恥ずかしいくらいに敏感さを増している

これ以上はだめ!

頭のなかで玲奈の理性が悲鳴が聞こえる

でも左右の手は動きを止まらなかった

サマーセーターの上からブラのカップを上にずらしていく

乳首に縁が掛かり乳首がはじかれるようにプルンと揺れた

セーターの下でおっぱいがむき出しになる

まさぐる手に堅くなったの小さな野いちごのような乳首が

はっきりと指に触れる瞬間欲情を溜めた乳首から

ピクっっと弾ける電流のような快感が体中に走った

「ああっ…」

右手の中指は突起物からクレヴァスの縁へと進み

深みへと落ちていく

すでに潤っているクレヴァスへと

第一関節まで蜜壷の中にするりと入っていった

玲奈は漏れてくる喘ぎ声を抑えるのはもう困難になりそうだった

これ以上は危険だった

そのとき前の林の中に

木々に隠れた段ボール箱が動いた気がした

大きめの段ボール箱を二つ繋いであり

青いビニールシートがかかっている

ゴミでも捨ててあるのかと先ほどまで気にもかけなかったのだけど

いまははっきりとそこからの視線を感じていた

木々の影でよくわからないが箱の間から

白髪が半分交じったぼさぼさの髪が見えていた

濁った眼、汚らしく顎に伸びた髭の中に

黄ばんだ悪臭を発しそうな歯が見えた

「えっ!見られてた?」

まぎれもなくその顔はこちらを向いていた

「見てたの!いつから!」

玲奈は開いていた足を一瞬で閉じる

だが快楽の波に飲み込まれつつある玲奈は理性を失いつつあった

再びテーブルの下で両膝を開いていく

「だめ、だめよ、見られてしまう」

心の声は形だけだった

視線を股間に感じながら

外気に揺れる茂みを撫でていく

その動きは止まることなく再度クレヴァスに落ちていった

手の動きとは正反対に

玲奈の眼は段ボールから覗くホームレスの顔を凝視していた

その濁ったホームレスの眼は

玲奈の股間に釘付けだった

絡み付く粘っこい視線を股間に感じていた

指先がクレヴァスを撫で上げ

閉じていた合わせ目がほころび

とろりとした蜜がベンチに滴り落ちていくのを感じる

「見ないで…見ちゃいや!」

「見て…もっと見ていいのよ」

交差する二つの感情のなか

玲奈の指は見せつけるようにクレヴァスを広げていた

目・目・目、死んだ魚のような濁った目

それがいつの間にかぎらつく目に変わっていた

「いやっ、み…見ないで…恥ずかしいところを…」

ホームレスの前でこんなことしてる

羞恥心と罪悪感

でもそれに勝る快感が全身を包み込んでいく

自分自身の手は的確に容赦なく体を責め立てていた

全身が燃えるように熱くなる

ホームレスの知らない男の前で

いやっ、いやぁ………み、見ないで…い、いぃ…」

これって本当にわたしなの?

わたしこんなのって…

昼間の公園でホームレスにオナニー見せてる

「はっ、はぁ、あぁ………い、いくっ……」

激しい呻きとともに官能のうねりが押し寄せ足が激しく痙攣した

硬直した全身が痙攣しながら弛緩していくまで

そのまましばらく動くことは出来なかった


小道に人の声が聞こえた

こどもの弾む声が近づいてくる

玲奈は慌ててスカートを直し

顔をテーブルにふせて身動きしないでいるのが精一杯だった

親子連れらしき視線が遠ざかるのを待っていた

玲奈は顔を上げ息をついた

遠ざかる男の子がちらっと振り返り玲奈を見た

その動きに不自然さは感じられかったが

うっすら微笑んだように見えた
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: びゅーてぃふるー!!

ばんぶう様

ほめ殺ししないでくださいね^^
でも、ありがとうございます

ここに発表するようになって
前より沢山の本を読むようになりました
そのせいかも知れませんね
応援よろしくお願いしますね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

コアラ様

ありがとうございます

人に見られないようにしてくださいね^^

だんだんプレッシャーを感じて
さらに書くのが遅くなりそうですが
書いていてわたしも興奮出来る物語が書けたらなぁと思います

ぜひ、自宅でね^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 画像が・・・

ばんぶう様

おはようございます
朝早くから訪問していただいているお礼と
3000番をゲットした賞品でもあるのです^^
もう、変えちゃいました
もうすぐ4000ですね
きっとまたばんぶう様かしら・・・
プロフィール

藍色

Author:藍色
初めまして 藍色です
紫様のブログで奈々さんに影響受けて
露出に目覚めた若妻れいなのちょっとエッチな日記を書いていきます
どこまでが本当でどこから妄想なのかは
読んでくださる皆様にお任せします

下手な文章ですいませんが誤字脱字は許してください

れいなにさせたいことがあったらコメントしてくださいね
過激なことは出来ませんが・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧

ひみつのはなし

やっぱり複が好き ~ 嫁と旦那と他人棒 ~

オリジナル官能小説・紫のエッチなメモ帳
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR