FC2ブログ

デッサンモデルの続き

今年も後一ヶ月、寒くなって来ました。
皆様も風など引かないようにしてくださいね。
私も子供たちの体調に気をつけながら
忙しなく子育てに奮闘中です。

月に一度の更新しか出来なくてごめんなさい。

では、前回の続きです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

片足をあげて抜くとショーツはもう一方の足の
太腿、膝、ふくらはぎと滑り落ちていく。

一斉に男性たちの視線が集まる。

黒々とした陰毛の中にあるクレヴァスが熱くなっている。

下の落ちたショーツをシミが見えないように丸めてカゴに入れる。

「全部脱いだね!じゃあ、椅子に座ってポーズをとって!」

先生の声にそれでも手で大事な部分を化すしながら舞台の上に進み
椅子に座ります。

低い椅子なので足の隙間から隠れたクレヴァスが丸見えになります。

それでもなんとかいくつかのポーズをとり終えて服を着ようとした時

「男女二人でのポーズも描きたい」と声が上がりました。

先生も「そうね。じゃあ、あなたも脱いでモデルになって!」

男性の中で一番若そうな人に向かって言いました。

それはあのハゲちびの中年男性でした。

そして服を付けようとしていた私に向かって

「悪いけどあなた、もう一度お願い」とそして

「今度は椅子に手をついてお尻を突き出すポーズをしてちょうだい」

低い椅子なので自然とお尻が持ち上がります。

男性のモデルに指名された人に

「そうね彼女の後ろから腰に手を当てて!そうそう、もう少し未着して!」

知らない男の人の下半身がお尻にに密着しているのです。

後ろから私のお尻に当たる感触が

もぞもぞとだんだん堅くなってはっきりと股間を擦っていきます。

「さあ、始めましょ!モデルさんはそのまま動かないで!」

動かないでといっても彼のペニスは更にいきり立って

クレヴァスの入り口に少し食い込み始めました。

「だめ!動かないで!入っちゃうぅぅ」

クレヴァスの内側の壁をゆっくりと前後に擦っている。

ペニスの波打つ鼓動が刺激してクレヴァスの奥から

熱くなった蜜が溢れてきます。

「はぁ、はぅ、はあぁ。いっ いっいい・・・」

「だっ だめっ!こんな場所で感じたら・・・みんなが見てる・・・」

「だめっ!恥ずかしい・・・みんなに見られて私・・・気持ちよくなっている・・・」

膝が曲がり、腰が落ち、足が少し開いていく。

糸が引いて雫が落ちていく、

更に両足は徐々に開き始めた。

わたしは無意識に彼の物を受け入れる体制になっていた。

「ちょっと離れてるわよ!もっと密着!」

その声に男性は私の腰を後ろに強く引くと

潤ったわたしの中にするっと知らない男性の物が・・・

「あっ あっあぁ・・・」思わず声がでそうになります。

「そのままじっとして、お願い、動かさないで お願いだから・・・」

あんなにバカにしていたはげの貧弱な中年男性にこんなに感じているなんて

「もう人の目を気にしなく成り始めていた」

私の中の彼の物は更に熱く太くなっていきます。

少しずつ彼の腰が前後に動き、出し入れされるたびに

全身に電流が流れるようにしびれ、頭の中が真っ白に

「みんなが見ている前でそれも知らない人たちの前で

わたし、セックスしている。そして感じている」

動くたびに「あっ あっ あっ!あぁ〜ぅ」と出そうになる声を抑える」

その声に先生が振り向いたせいか男性の動きが止まる

「やめないで 動かして・・・いやっやめて!」

もう感情がぐちゃぐちゃになっていました。

頭の中も真っ白になる。

「あぁ〜〜〜いっちゃう」

全身がふるえ、呻き声が漏れる瞬間

そのとき「じゃあ、そろそろ時間です」

先生の声が教室に響いた。

その声がわたしのほんの少しだけ残っていた理性を引き戻した。


帰りがけに絵里さんが言いました。

「ごめんね、本当は彼が絵画教室の先生そして旦那の美大時代の先輩、
あれでまだ30歳なんだから、そしてあの女の先生は彼のお母さんなの、
家に遊びにきた時、れいなちゃんを見初めて
どうしても紹介してって頼まれて連れて行ったの
裸になるなんて知らなかったから・・・」

「もう謝ってもらっても遅よ!」と言いつつなぜか絵里さんを許す私がいました。

きっと彼女は知っていたと私は思う、

彼が私の裸の絵を描きたかったことも

そして私が妄想の中で彼に許してしまうことも・・・

その絵画教室も今は無くなっている。


関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

待ってました~

実際に見ているかのように、僕の脳内で映像が再生されて大興奮です。

た、たまらん。。。(*´▽`*)

プロフィール

藍色

Author:藍色
初めまして 藍色です
紫様のブログで奈々さんに影響受けて
露出に目覚めた若妻れいなのちょっとエッチな日記を書いていきます
どこまでが本当でどこから妄想なのかは
読んでくださる皆様にお任せします

下手な文章ですいませんが誤字脱字は許してください

れいなにさせたいことがあったらコメントしてくださいね
過激なことは出来ませんが・・・

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも一覧

ひみつのはなし

やっぱり複が好き ~ 嫁と旦那と他人棒 ~

オリジナル官能小説・紫のエッチなメモ帳
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR